2010年03月03日

難病の霊的意味について


家 私は医大生として病院で臨床実習をしていますが、患者の中に

  は白血病などの難病で苦しんでいる若者が何人もいます。難病の原因や

  霊的な意味について教えてください。






病院 まず、白血病など、血液に関する病気について述べると、これに

は明らかに霊的原因があります。


血液に影響が出てくるものは何でしょうか。

血液は、人間の生命の栄養源、供給源に当たるところです。


この部分に何らかの病気が出てくる人には、通常、生命の発展・繁栄を阻害

する要素のあることが多いのです。



病院 生命の発展・繁栄を阻害する要素@・・・魂のカルマ


生命の発展・繁栄を阻害する要因は2種類に分かれます。

1つは、この世に生まれてくる前から、魂のカルマとして刻印されている

ものです。


残念ながら、過去世において、言葉はやや悪いのですが、他の人の生命に

危害を加えたことがあり、そういう面でカルマを持っている人が、血液の

病気になりやすいのです。


具体的には、過去世において、他の人の血を見るような事実があった人、

人の生命を奪う出来事に参加したことがある人は、その光景が、魂の記憶

として、魂の奥深いところに刻印されています。


それについて、地上を去った世界、すなわち、あの世の世界において、充分

に精算が終わっている場合には、それでよいのですが、たいていは、あの世

だけでは、すべての清算は終わらず、この世でも清算を続けるために、地上

に生まれ変わってくることが多いのです。


過去の自分の行いを完全に清算したいと思い、そういう予定を持って生まれ

てくることがあります。


これは、幼少時には表れてこなくても、大人になってから、しだいに表れて

くることもあります。


こういう人は、魂の中に、「自己破壊の思い」 があります。


過去世で人の血を見るような出来事があって、「自分を虐げたい」 という

気持ちが強くあるため、その部分が、そういう病理現象を生むことがあるの

です。


人間の体は、自然にできていると思うかもしれませんが、実際には、思いが

あって形ができ、その維持もできています。


その思いのなかに、自己処罰的な思い、本人が気がついていない潜在意識が

あると、病理現象が起きてきやすいのです。


これは、ある意味において、そういう病気を避けがたい人の場合です。



病院 生命の発展・繁栄を阻害する要素A・・・悪霊現象


生命の発展・繁栄を阻害するもう1つは悪霊です。

悪霊に憑依されると、その霊の死因となた病気と同じ症状が出てくること

があるのですね。


たとえば、原爆の後遺症など、血液系統の病気で亡くなった人の不成仏霊に

憑依されると、その霊の死因となった病気と似たような症状が出てきます。


それは、人間の想念には、物質的なものを形成する力があるからです。

体の中の病理現象は、ほとんど、そういうかたちで出てきます。


自分の体の中には、そういう悪い物質を退治する働きもあるのですが、

霊的な作用が加わると、その働きが弱くなって、悪いものが繁殖していく

ようになります。


難病・奇病は、現在、いくらでもありますが、新しく誕生している病気も

非常に多いのです。


病気は、方向性を持った1つの思いが表れたものであり、何らかの方向性を

持つ思いがあると、それが体に出てきます。


そして薬剤の投与など、医学によって、ある出口をふさがれてしまうと、

違う出口から出てきます。


たとえば、過去に流行ったペストやコレラが撲滅されると、今度はエイズ

などにシフトして出てくるのです。


病想念、病気の想念があり、これらが何らかのかたちで出てこようとして

いるので、「1つ防ぐと、また新しいものが出てくる。それを防ぐと、また

出てくる」 ということになるわけです。


人気ブログランキングへ
posted by シロクマ at 18:16| Comment(1) | TrackBack(0) | さまざまな病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして(^^

血液疾患の霊的な意味についてサーチしていて辿り着きました。
さまざまな情報、ありがたいです。
実はこの度、骨髄ドナーとして適合者の通知が来たのです。
私自身は好奇心でいっぱいですけど。
でも、人のカルマ清算を邪魔するのも何か違うような。
私は私で自己犠牲や自己欺瞞を解決しなきゃの修行中のような。
人を助けるって何なんでしょうね。難しいです。
Posted by ma at 2015年04月11日 11:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。