2010年04月15日

生活習慣病への対策は、30代半ばから

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  現代の病気のほとんどは、「食べる物」 と 「運動不足」 と、

  「ストレス」 の3つが原因になっています。





この3本立てで、だいたいの病気ができ上がっていると見てよいと思い

ます。

特に、生活習慣病といわれるものの対策は、自衛のために、30代半ば

ぐらいにか気をつかたほうがいいのです。


家族のためにも、自分の未来のためにも、自分で自分を守ってください。

自分を甘やかしては、いけないのです。



はっきりと原因のある病気は、防ぐことができます。


カロリーや塩分のとり過ぎ、運動不足などが続けば、病気になるのは時間の

問題です。


宴会が続き、酒を飲んで、ごちそうばかり食べていたら、病気になるのは

確実なのです。


ほんとうに、将来働き続けて、家族を護るためには、摂生が大切です。

努力して、護れるものは護ってください。



運動することにも努力が要ります。

時間をつくらなければなりませんし、ある程度の苦しさにも耐えなくては

なりません。


「忙しい」 という思いも、ほとんどが言い訳です。


新しいことをするのが面倒なだけですから、どうか自分で運動の時間を

つくり出してください。


いつも会社の人たちとべったり一緒にいて、抜けられないようでいけない。


孤独の時間も必要なのです。





人気ブログランキングへ
posted by シロクマ at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 心と体の癒し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/146587884

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。