2010年12月09日

自己実現の過ぎた欲を自己点検するポイント@




家 「強く願うと実現する」 とか、

 「実力の範囲内で生きよ、欲が過ぎると滅びに至る」 とか、言いますが

 自分の願望、願いが過ぎた欲望か、そうではないのか見極めるポイントは?


ねこ先生.jpg

   度が過ぎると、いろいろなことが逆風になってきます。


たぶん、「どのくらいのことまでなら願ってもよいものか?どこからが

過ぎた欲になるのか」 ということを知りたいのでしょうが、そのためには

自分を知らなくてはなりません。


これは自分を知る戦いなのです。


度が過ぎると、客観的情勢として、いろいろなことが逆風になってきます。


たとえば、仕事の面で度が過ぎると、病気になって倒れたりします。

別に 「病気になりたい」 と思っているわけではないのに、

なぜか風邪をひいて熱が出たりして倒れるのです。


あるいは、本人は元気でも、家族が倒れたりします。


また、仕事でストレスが強いと、子供が問題を起こすこともあります。

子供が、親のストレスの影響を受けてしまし、学校で先生や友達と

トラブルを起こしたりするんです。


社会的に成功していると言われる社長族や、エリート族の場合、家庭への

しわ寄せは、かなりあると思います。


本人は気がついていなのに、奥さんや子供、親など、自分以外の人がストレス

の影響を受ける場合が多いんです。

なるほど.jpg

なので、自分や家族の現状を常によく見ていなくてはいけないのですが、

猪突猛進型(ちょとつもうしんがた)で前方しか見えないタイプの人には

それができないのです。


そんな人にとっては、「自分の家族が心の中で何を悩んでいるか」 なんて

分かるはずもないし、聴きたくもないのです。


夜の10時か11時に家に帰ってくると、家族とほとんど話をせず、

「風呂」 「メシ」 「寝る」 くらいしか言わない人もいます。


休日になると、たいていはゴルフに行ってしまい、家にいなくて、

「家には、お金を入れるだけ」 という人もたくさんいます。


このような状態の人は、家族のことに無関心です。

そのため、家族の様子や変化がほとんどわからないのです。



ところが、世の中はうまくできていて、そういう人には、やはり、どこかで

なんらかの挫折が訪れます。


昇進が止まって、左遷をされたり、窓際に回ったりして、内省的(ないせいてき)

な時間を過ごすことになるんです。


うんうん.jpg

まれに一直線に最後まで上り詰める人もいます。

しかし、そういう人は多くの場合、家庭が崩壊します。


家庭が崩壊しない人であれば、自分の周りに何か不都合が起きてくることに

なります。


賢い人であれば、自前に、そういうことに気づくべきなのです。
        
                            つづく・・。  




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
posted by シロクマ at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 心の羅針盤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/172533018

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。