2009年12月17日

健康生活の知恵・目の疲労を抑える工夫

人気ブログランキングへ

長時間、読書などをしていると、どうしても目が疲労してきますね。

目が疲労すると、頭脳にも影響するし、胃腸にも影響して、神経質となって

いろいろな物事に対して被害妄想に考えるようになってきます。


なので、目の疲労を最小限に抑える工夫が必要になります。


そのためには照明も大事です。

明るさを一定に保つこと。

文字と目とのあいだに20cm以上の距離をとることも大事です。


目の問題は、知的生活を送る人なら、必ず透過しなければならない関門です

目を充分に使い続けられるように、工夫に工夫をかさねましょう。


一定の時間、使ったならば、少し視線をはずして目を休めることが大事です

よく休むことができたならば、目は長時間の使用にたえます。


5時間、10時間と続けて使うよりは、

「1時間使えば少し休み、また1時間使えば休む」 というかたちで使う

まらば、目は8時間でも、10時間でも、充分、使用にあえるようになり

ます。


腰と足、そして目。 この3つについて充分気をつけて、疲労を予防しま

しょう。





       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


   ・心と体の健康情報

   ・美肌美人の法則

posted by シロクマ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 疲労解消意外な工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。